【初心者ライター向け】フリーランスの年収は?単価アップの方法も!

yukiko
こんにちは。yukikoです。

今回は、初心者ライター さん向けの記事になります!

自分で時間を管理する働き方、フリーランス。

フリーランスになろうと決意しても、こんな悩みが頭の中をグルグル・・・思い切って踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

  • フリーランスライターだけで食べていけるのか不安・・・
  • フリーになったら月25万円稼ぐにはどれくらい働かなくちゃいけないの?
  • 実際フリーランスだけで食べている人の年収ってどれくらいなんだろう?

今回は、こんな悩みにお答えしていきたいと思います!

それでは今回も、最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

フリーランスだけで食べている人の年収はどれくらい?

実際、フリーランスだけで食べていけている人の年収はどれくらいなのか、ご存知ですか?

一般的には、ズバリ300万円だ、と言われています。

もちろん中にはもっとたくさん稼いでいる方もいますよ!^^

年収300万円だと、1日8時間程度の作業時間で時給設定1000〜2000円にしているという想定ですね。

今回は、分かりやすく「プロクラウドワーカー」の方の年収を例にしてみていこうと思います!

※以下の例は、クラウドワークスの公開プロフィールから転載させていただいています。個人を特定するものではありません。

CrowdWorksワーカーページはこちらから

Case1 Aさんの場合

  • スキル SEOライティング
  • 稼働時間 週30時間
  • 時給 1,000円〜
  • 受注件数 3年間で900件超
  • 分野は以下記載
  • 女性・男性の美容
  • 健康
  • ダイエット、トレーニング
  • ライフスタイル
  • ブライダル
  • インテリア
  • レシピ、グルメ
  • トラベル、お出かけ情報
  • 恋愛、結婚
  • アダルト、ナイトワーク
  • 商品、食品、店舗、書籍、クリニック、アプリ紹介
  • レビュー、LP、アフィリエイト記事
  • ファッション
  • メイク、コスメ
  • 就職、転職、ビジネス

Aさんの場合は、週に30時間ということで1ヶ月で計算した場合、ざっと12万円ほどのお給料になります。

年収は140万円ほどですね。

これでは「食べていける」とは言えませんので、おそらく何か副収入があるんでしょうね。

しかし、これだけの分野を書くことができるライターさんは、スカウトのお仕事も多くオファーが来ることと思いますので、お仕事が切れることはなさそうです。

Case2 Bさんの場合

  • スキル ライティング・編集業務全般
  • 稼働時間 週41時間以上
  • 時給 1,000円〜
  • 受注件数 4年間で700件超
  • 分野は以下記載
  • IT系
  • クレジットカード
  • 映画
  • アニメ
  • 漫画
  • ゲーム

Bさんの場合は、単純計算して17万円弱。

稼働時間が週41時間以上、ということですので実際にはもっと稼働されているかもしれません。

月によっては20万円以上のときもありそうですね。

年収は240万円ほどです。

Case3 Cさんの場合

  • スキル ライティング・webコンテンツ制作・PhotoShop・コーディング・webディレクション
  • 稼働時間 週40時間
  • 時給 1,800円〜
  • 受注件数 7年間で700件弱
  • 分野は以下記載
  • 金融関連
  • 仮想通貨
  • OTC医薬品
  • サプリメント

Cさんの場合は、単純計算して30万円弱になります。

フリーランスとしてはこれだけ稼いでいれば、まず安心ではないでしょうか。

もちろん、他にもコーディングのお仕事も受けられているようであればプラスの収入になっていると思われます。

ライティングだけでも年収は360万円となります。

年収300万円稼いでいるフリーランスは働きすぎではない!

1日8時間だと企業でフルタイム勤務をしている状態と変わらないということですね。

時間の内訳の例としては、朝10時から夕方16時まで作業すれば休憩時間を1時間としても日中5時間。

そして、夜落ち着いてから寝るまで足りなかった作業をすればあっという間に一日8時間程度は働いているということになるでしょう。

結論、年収300万円稼ぎ出している方が働きすぎだ、ということもないでしょう。

標準的な例として、フリーランスの年収が300万円だという理由が分かりましたね。

yukiko
大体の年収は分かった。

今度は、プロクラウドワーカーではない人の年収はどれくらいか教えて!

スポンサーリンク

月25万円稼ぐにはどれくらい働かなくてはいけないの?

一般的には年収300万円程度だといわれているフリーランスライター 。

年収300万円の場合、1ヶ月あたりのお給料は約25万円となります。

では、毎月25万円稼ぎ出すにはプロクラウドワーカーではない人はどれくらい働かなくてはいけないのでしょうか?

月25万円稼ぐには、時給1,600円、1日8時間作業で週5日勤務する計算です。

Wワークをしているのであれば、ライター業に専念して記事を書きまくって単価や時給を上げるべきなのかもしれませんね・・・。

では、私yukikoの実体験として、2018年の活動記録とフリーランスライターとしての年収を見ていきたいと思います。

web制作会社から受注したライター業

  • ブログ記事 1記事1000文字程度・・・週2本 所要時間1本1時間程度
  • テープ起こし・・・週1〜2本 所要時間1本1時間程度
  • LP編集作業・・・画像の差し替え、リンク先の編集など週3本 所要時間1本につき2時間
  • WordPressへのデータ入力・・・週2本 所要時間1本2時間程度
  • イレギュラーでデータ入力 所要時間ボリュームによる

以上の作業時間をまとめると、週14時間で、1ヶ月にすると56時間程度になります。

毎月の収入は決まっていて、5万円いただいていました。

CrowdWorksから受注したライター業

  • 映画・漫画のブログ記事 1本3000〜5000字・・・週3〜5本 所要時間1本2時間程度、週にすると6〜10時間程度稼働

こちらは単価が安いのですが、30記事で2万円弱の収入となります。

2018年は7回納品しましたので、これだけで14万円程度の収入となりました。

2018年のフリーランスライターとしての年収まとめ

以上の活動をまとめると、2018年のフリーランスライターとしての年収は74万円程度という結果でした。

私の場合は在宅での仕事に加えて外でも他の仕事をしていたのですが、まだこの時点では、夫の扶養に入ったままだったので年収は130万円以内に収めていました。

残りの部分を他の仕事で稼いでギリギリ扶養内、といった感じですね。

月25万円稼ぐには時給設定を安くしすぎないこと!

2018年を通して感じたことは、月25万円稼ぐには、Wワークをしないでライター業に専念しなければ無理だということです。

それに加えて、単価や時給を安く設定しすぎないこと。

今回例に出したプロクラウドワーカーさんたちは、しっかり稼げる時給設定を行なっていました。

安すぎる時給の設定は、自分のスキルを安売りすることに他なりません。

自分はこれくらいの価値がある、という確固たる自信の元にクライアントさんに営業をかけることが大切なんですね。

それには、新規の仕事を受注する際に行われるテストライティングで、120%くらいの出来を示しておくことが必要です。

そして実際の納品時にも、いつでも120%の出来を目指して仕事をすることが時給アップの秘訣ではないかと思っています。

yukiko
月25万円稼ぐ方法は、120%の出来で時給を安くしすぎてはいけないのが分かりました!

では、初心者ライターでもフリーランスだけで食べていけるのか教えて!

初心者ライターはフリーランスだけで食べていけるの?

結論から言うと、初心者のうちはフリーランスライターだけで食べていくのは無理です。

その理由は以下の通りです。

  • スキルがないので最初から時給を高くできない
  • 書けるテーマが少ない
  • 競争率が高い

これらのことから、初心者ライターのうちは書き続けることでライティングスキルを磨きつつ、他の仕事で収入を担保していくしかないと思っています。

初心者ライターでも単価アップを狙える方法

しかし、初心者ライターでも単価アップを狙える方法はあります。

他のスキルとのかけ合わせで、できることを増やしていく方法です。

ライティングができることを前提として、

  • SEOの知識→ライティング+webマーケティング
  • コーディング→ライティング+サイト制作の技術的なお手伝い

といった具合に、自分に付加価値をつけることができるんですね。

こういった方は、当然ながら時給は高く設定できますし、クライアントさんもたくさんの方に仕事を発注せずに済んで、お互いにとって都合がいいですよね。

自分に付加価値をつけることは、仕事の幅も広げることができて単価アップを狙える方法だといえるでしょう。

初心者ライター以外にもいえることですが、常に自分の技術をブラッシュアップしてアップデートしていくこと、そして仕事としてアウトプットすることが超重要になります。

終わりに

今回は、フリーランスライターだけで食べていけるのか不安を抱えている方にフリーランスライターの年収の実情と、単価アップの方法についてお答えしてみました。

初心者フリーランスライターがやらなければいけないことの結論としては、

  • 初心者ライターはとにかく書く!
  • ライティングとかけ合わせのスキルで仕事をgetする!
  • スキルを身につけるにはとにかく勉強!
  • 本を読む!

合わせてこちらの記事もご覧ください。↓

関連記事:フリーランスとはどんな働き方?にお答えします!

フリーランスwebライター初心者が案件受注できるクラウドソーシングサービス5選!

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です