【初心者向け】プログラミングでフリーランスが稼ぐ年収と学ぶ言語!

yukiko
こんにちは。yukikoです。

今回は、プログラミングをフリーランス初心者が選ぶ方法について考えてみますよ!

  • プログラミングでフリーランスが稼ぎ出せる年収ってどれくらい?
  • プログラミングを仕事にするにはどの程度のスキルが必要なんだろう?
  • 興味はあるけど、どんな言語を学んだらいいのか分からない・・・

これらの悩みにひとつでも当てはまるものがあれば、この記事を読む価値はあります!

初心者のみなさんは参考にしてみてくださいね。

初心者が選ぶべきプログラミング言語が分かりますよ!

それでは今回も、最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

フリーランスがプログラミングで稼ぎ出せる年収は?

一般的に、プログラミングでフリーランスが稼ぎ出せる年収は平均して480万円〜720万円です。

月収にして、40万円〜60万円ということですね。

案件や勤務日数によっては月収100万円ほどの仕事もありますが、最低週4勤務として稼げる月収は40万円〜60万円が多いといった印象です。

エンジニアは人ができないようなスキルを持って仕事をしなければいけませんので、このような高報酬になることは当然ですよね。

勤務時間も長いかもしれません。

では、実際の求人情報を見てみましょう。

フロントエンドエンジニア・マーク アップ エンジニア

必要なスキル・・・JavaScript

求められる経験

  • HTML・CSS・JavaScript の経験3年以上
  • レスポンシブデザインの経験
  • LAMP環境での開発経験3年以上
  • Gitの使用経験
  • セキュリティ知識

バックエンドエンジニア

必要なスキル・・・Ruby、JavaScript

求められる経験

  • HTML/CSS/JSでの開発
  • Ruby/Python/Golang等でのサーバーサイド開発経験
  • GitHub、Gitを使ったチーム開発経験
  • 新しい技術への興味関心と学習意欲

システムエンジニア

必要なスキル・・・PHP、Laravel

求められる経験

  • PHPでの開発経験
  • Laravelでの開発経験

以上の求人情報はcrowdtech お仕事を探すより

初心者にはHTML/CSSがおすすめ!

これだけ見ても、初心者ならどんな言語なのか想像もつかないのではないでしょうか。

普段、私たちがスマホから操作しているアプリやwebサービスはこれらの言語から作られています。

例えば、主婦におなじみの「cookpad」はRubyという言語を使用しているんですよ。

初心者の場合は「こんな感じ」を理解しておき、まずはwebサイトを作るのに必要なHTML/CSSのマークアップ言語を覚える方が近道でしょう。

プログラミングでフリーランスが稼ぎ出せる年収は平均して40万円〜60万円だということを踏まえた上で、まずはwebサイトの制作から勉強してみてください。

yukiko
プログラミングでフリーランスが稼げる年収の相場が分かった!

次はどれくらいのスキルが必要か具体的に教えて!

スポンサーリンク

フリーランスがプログラミングを仕事するにはどれくらいのスキルが必要?

プログラミングを仕事するための必要なスキルは、ズバリどんな仕事をするかによると言えます。

なぜなら、それぞれの言語でできることが全く違うからですね。

では、どの言語がどんなことをするのに使われているのか見ていくことにしましょう。

JavaScript

  • ポップアップウインドウ
  • googlemap
  • メニュー

ブラウザ上で動くプログラミング言語です。

メニューにカーソルを当てると開いたりする動きやトップページのスライダー、ポップアップウインドウやgooglemapなどがその例です。

Ruby

  • アプリ制作
  • ユーザー機能やログイン機能の設定

webアプリケーション開発やSNS、ブログの開発はRubyを使って作られています。

私たちの生活のすぐ近くにRubyは存在しているんですよ。

HTML/CSS

  • webサイトの開発
  • HTMLメールの作成

私たちがインターネットで見るwebサイトはHTML/CSSをベースに作られています。

メールもHTMLメールにすることで画像にリンクが貼れますので、受け取る人にとって役に立つメールの作成が可能になりますよね。

食わず嫌いはやめよう!

紹介した言語は数ある中のほんの一部ですが、なんとなくの感じがつかめてきたでしょうか?

初心者あるあるとしては、こんな難しそうなことは自分にはできない・・・と始める前にやめてしまう方は多いですよね。

でも、やらなければできない自分のままです。

自分の書いたプログラムで、アプリケーションやwebが動いていると思うときっとうれしくなることでしょう。

興味のあるものをどんどんやってみることをおすすめします。

yukiko
プログラミングは身近なものだということが分かりました。

では、勉強してみるにはどうしたらいいの?

スポンサーリンク

プログラミング初心者のフリーランスはどんな言語から学べばいいの?

プログラミング初心者はHTML/CSSのマークアップ言語から入るのがおすすめです。

webサイトがどうやって動くか確認しながら進めていけるので、直感的な勉強がしやすいからですね。

HTML/CSSを学ぶと、レイアウトやデザインの勉強にもなります。

それでは、無料で学べるプログラミングから本格的なものまでご紹介します。

Progate

Progateは画像をクリック☝︎

Progateなら、基礎的な知識は無料で受けることができ、中級レベルからは月額980円(税別)で受講することができます。

上記で紹介した、さまざまなプログラミング言語を受講することができますので、本当におすすめのサイトです。

最初はProgateで学んで、その後もっと向上させたい!という方には以下のオンラインスクールがおすすめです。

在宅ワークに必要なパソコンスキルはこれだ!お仕事の目的別4選!

TECH CAMP

TECH CAMPは、トレーナーがマンツーマンで最適な学習プランを提案してくれるプログラミングスクールです。

教室でもオンラインでも受講可能で、平日22時までの質問が可能とうれしいサポート体制となっています。

そして、何より豪華なのが以下のコンテンツが受講し放題だということですね。

  • Webサービス開発
  • VR・3Dゲーム開発
  • デザイン
  • AI(人工知能)入門
  • iPhoneアプリ開発

体験会は無料ですので、どんどんやってみましょう。

CodeCamp

CodeCampは、NHKや日経などメディアに取り上げられている有名どころですね。

講師も現役のエンジニアで、マンツーレッスンがオンラインで学べるスクールになっています。

現役のエンジニアから直接学べるというところで、現場の声を聞くこともできそうですね。

こちらも体験レッスンがありますので、チェックしてみてください。

たくさん種類のあるプログラミング言語ですが、初心者はHTML/CSSのマークアップ言語から勉強して、高報酬を狙ってくださいね。

スポンサーリンク

終わりに

今回は、プログラミングでフリーランスが稼ぎ出せる年収とプログラミング言語について考えてみました。

結論としては、

  • プログラミングでフリーランスが稼ぎ出せる年収は平均して480万円〜720万円
  • プログラミングを仕事するのに必要なスキルはどんな仕事をするかによるが、3年くらいの経験が必要
  • 初心者はまずHTML/CSSを勉強する
  • 独学で無理そうならオンラインスクールに頼る
  • 本も読んでみる

こんな感じでした!

参考にしてみてくださいね!

関連記事:【初心者ライター向け】フリーランスの年収は?単価アップの方法も!

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です