インボイス制度がフリーランスの仕事を変える?を考えてみた

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、インボイス制度が導入されたらフリーランスの働き方は変わるのか、考えてみたいと思います。

2019年10月からの消費税が10%に増税されることが決定的になってきた今、次に気になるのは「インボイス制度」。フリーランスとして働いていればなおさらなのではないでしょうか?

「インボイス制度」って何?という方は今から少し気にして自分の働き方と向き合ってみてください。

それでは、インボイス制度が導入されたらフリーランスの働き方は変わるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

インボイス制度とは?

インボイス制度、と言っても簡単には理解できませんよね。しかし、今後フリーランスなら知っておかなければいけない重要な制度となりそうです。

まずは言葉の意味から、導入時期やメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

インボイスの意味

まず、「インボイス」という言葉の意味を見てみましょう。

インボイス:経済活動において、売り手が買い手に対して、消費税率や税額を伝えるために発行する請求書。欧州では、軽減税率が普及しているためポピュラー。送り状・納品書・請求書などの役割を果たします。

コトバンクより

複数の消費税率を導入している国ではポピュラーな制度だそうです。これにより、納税額が楽に計算できます。

 

インボイス制度はいつから導入される?

「インボイス制度」が導入されるのは、2023年10月、4年後のこと。そして、消費税が10%になるのは2019年10月からですよね。それに合わせて、「軽減税率制度」も施行されます。

消費税増税にともなって導入されるこれらの制度は、近い将来、フリーランスの生活を大きく変えることになるのかもしれないのです。

従来の「帳簿保存方式」から、事業者が発行した請求書に記載されている税額のみを控除することができる「仕入額控除」に変わり、この方式を「インボイス方式」「適格請求書保存方式」と言います。

例:売り上げ 18,000円(消費税1,440円) 仕入 10,000円(消費税800円)

1,440円ー800円=640円(納税額)

仕入額控除があれば、この仕入の800円が控除されるため、納める消費税は640円。

これがなければ1,440円を納めなければいけません。

今までは、保存してある請求書の額に一律8%を課せばよかったのですが、軽減税率が導入されるとそうはいきません。

商品ごとに税率が変わったり、外食時も店内で食べるか外で食べるかによって税率が変わります。

なので、相手先が発行した請求書に記載されている税額のみを控除することで、複雑な計算の手間を省けたり、記載ミスも防げるというメリットがあるんですね。

詳しくは国税庁HPから手引きをダウンロードできます。

 

消費税を免税されているフリーランスには大問題

売上が1,000万円を超えると納税義務が生じる消費税。一部の事業者に限り、納税義務が生じるものでした。

しかし今後は、この消費税を納めているような売上のいい事業者のみが、インボイス(適格請求書)の登録事業者として登録できるようになります。

つまり、仕入控除が適用されるのもこれらの売上のいい事業者と取引するときのみ、ということになるんですね。

分かりやすく言うと、今まで消費税が免税されていた事業者との取引では、消費税を払わなければいけなくなる、ということです。

ということは、クライアントさんの方も、適格請求書発行事業者と取引した方が仕入額控除が適用されるため、小規模でお仕事している事業者との取引自体を控える、ということも考えられます。

フリーランスでお仕事することが、この先厳しい茨の道を進むことになるかもしれないのです。

 

スポンサーリンク

フリーランスが進むべき道は?

2023年10月に「インボイス制度」が施行されると、一気にお仕事が減る可能性のあるフリーランス。

もう今までのように、すきま時間を有効に、と言ってもいられなくなってくるかもしれません。

しかし、今まで年間500万円の売上だったのを4年後とはいえ、1000万円にまで伸ばすことはかなり厳しい、という方は多いでしょう。

 

課税事業者になるという選択肢

そこで、免税事業者でありながら「消費税課税事業者選択届出書」を提出する事で課税事業者になり、適格請求書発行事業者の登録を受けることがお仕事を続けていく上で一番スムーズな方法なのではないか、と思っています。

届出以降は、課税事業者になりますのでもちろん消費税の納税義務が生じますが、これで適格請求書が発行でき、取引先にも負担をかけずに済む、と思うとこれも責務のような気がしています。

国税庁 適格請求書保存方式の導入リーフレット

 

スポンサーリンク

終わりに

今回は、インボイス制度が導入されたらフリーランスの働き方は変わるのか、考えてみました。

私はきっと、適格請求書発行事業者の登録を受けるためにも課税事業者になる選択をするでしょう。

免税事業者のまま取引を続けて、適格請求書が発行できないばかりにクライアントさんに負担を強いることは避けたいと考えます。

みなさんも、どのような選択をすることが自分にとってメリットがある働き方か、考えてみてくださいね。

関連記事:

フリーランスとはどんな働き方?にお答えします!

フリーランスが知っておくべき税金5つ!計算方法をまとめてみた

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です