フリーランスが入るべき保険の種類は?おすすめ損害賠償保険も!

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、フリーランスのための保険は?損保はどうなってる?ということを考えてみたいと思います。

フリーランスになったら、保険はどうなるのでしょうか?

日本は、「国民皆保険制度」の国。全員が、何らかの公的医療保険に加入する必要があります。

万が一のことがあったときに自分の身を守る保険。

最低限の知識は持っておきたいですよね。

それでは、フリーランスのための保険は?損保はどうなってる?最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

フリーランスが入れる保険は?

フリーランスが入れる保険って何かご存知ですか?

会社員時代には給与から自動的に引かれていた上に会社と折半でした。

自分で現金で支払うことはないため、ふんわりとした印象を持っているかもしれませんね。

しかし、保険に入っていなければ、万が一のことが起こった場合には自分ですべて支払わなければいけません。

基本的な知識は持っておきたいものですね。

国民健康保険

会社の健康保険や生活保護を受けている方以外は、国民健康保険に加入することになります。

フリーランスが加入するのはこちらの保険ですね。

国民健康保険に入っていることによって、医療費は3割負担になります。

加入するときには、14日以内にご自身のお住まいの市区町村の窓口に届け出をしてください。

届出が遅れるとさかのぼって納付することになり、保険証のない期間も出てくるでしょう。

一旦、自腹になってしまいますので届出は遅れないようにしてくださいね。

詳しくは、各市町村窓口やHPでご確認ください。

国民健康保険中央会HP 国民健康保険のしくみ

一般被用者保険の任意継続

会社員時代の健康保険を任意継続することもできます。

この場合、ご家族の年収が130万円未満で、被保険者の年収の1/2未満でなければならないなど、決まりがあります。

そして「任意継続被保険者資格取得申出書」をお住まいの住所地を管轄する協会けんぽ支部に退職日の翌日から20日以内に提出する必要もあります。

詳しくは全国健康保険協会のHPでご確認ください。

全国健康保険協会HP 任意継続の加入手続きについて

家族の健康保険に扶養で入る

例えば、夫の扶養に入っていれば健康保険も家族と同じものに入れますよね。

年収が130万円以下になりそうなのであれば、こちらが一番便利かもしれませんね。

バリバリ稼ぐぞ!という方は、やはり国民健康保険の手続きをしましょう。

スポンサーリンク

フリーランスの「万が一」に損害賠償保険も!

クライアントさんから受注した大切なお仕事。

そのお仕事を、こちらのミスで営業的損害を負わせてしまったら?

そんなフリーランスの「万が一」に備える損害賠償保険も考えておかなければいけませんよね。

保険に入っているフリーランスと、入っていないフリーランス。

損害賠償保険に入っているフリーランスの方が、圧倒的に信頼されることは間違いありません。

スポンサーリンク

終わりに

フリーランスのための保険は?損保はどうなってる?ということを考えてみました。

結論としては、フリーランスが入るべき保険は・・・

  1. 国民健康保険
  2. 一般被用者保険の任意継続
  3. 家族の扶養に入る
  4. 損害賠償保険

1〜3までは、ご自身のご都合に合わせて入る感じですね。

そして超大事なのは損害賠償保険!

という感じでした!

みなさんも参考にしてみてくださいね。

関連記事:

在宅ワーカーとはどんな働き方?にお答えします!

フリーランスとはどんな働き方?にお答えします!

ノマドワーカーとはどんな働き方?にお答えします!

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です