フリーランスとはどんな働き方?にお答えします!

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、「フリーランス」ってどんな働き方?ということを考えていきたいと思います。

「フリーランス」ってよく聞きますよね。会社員だったけど独立してフリーランスで稼ぎ始めました!なんてカッコいい方、今は多いのではないでしょうか?

私も、2019年1月に「開業届」を提出させていただいていますので、「フリーランス」です。

今回の記事で、「フリーランス」という働き方の理解を深めていただけたらと思います。

スポンサーリンク

フリーランスとは?

フリーランス=個人事業主

フリーランスとは、どの会社・組織にも属さず自分の技術を提供し、個人事業主・個人の法人として働くということ。そういった方たちのことを「フリーランサー」と言います。

クラウドソーシングサービスなどに登録し、自分の技術力をアピールすることで多くの受注につなげることができるでしょう。しかし、個人で仕事を取らなければいけませんので、日々のブラッシュアップや営業が欠かせません。

 

プロジェクトが終われば仕事も尽きる

クラウドソーシングサービスは、技術を持っている方をインターネットを介して募集し、発注側の求めるスキルに見合っていれば受注できるシステムです。単発のプロジェクトも多く存在します。

お仕事を探す際は、長期的に受注することが可能なものなのかを確認することも大切です。単発のプロジェクトに応募することは自分の腕試しにはもってこいだと思いますが、そこから同じクライアントで次の受注につなげるには、よほどの技術力がないと難しいでしょう。

お仕事は常に2〜3社ほど並行して受注しておきたいものです。

 

出社不要の案件も多数存在する

在宅ワーカー、ノマドワーカー 、フリーランスに共通して言えることですが、技術力で勝負しているために、受注から納品までどこからでも行うことができます。最初の面接も不要、受注してからも出社不要の案件も多数存在します。

しかし、コミュニケーションは日々取っておきたいですよね。お互いの認識を合わせておかなければ、お仕事をする際にもすれ違いが生じたりと何かと問題が起きる場合が多いでしょう。

双方の顔が見えるチャットを利用したり、月1度くらいは実際に対面してミーティングをしたい企業も多いです。会える距離なのであれば積極的にお会いし、気持ちよくお仕事をしたいものですね。

スポンサーリンク

終わりに

今回は、「フリーランス」ってどんな働き方?ということを考えてみました。

現在は副業としてクラウドソーシングサービスを利用しているけれど、技術力がついたら独立したい!と考えている方も多いのではないでしょうか?

自分で時間を自由に管理できる分、その責任も大きいですが、会社員のように拘束時間がないことは子育て中のママさんにとってはありがたいですよね。

これからの時代に即した働き方ですし、今後ますます増えてくるのではないかと感じています。

今回の記事で、働き方の可能性を少しでも感じ取っていただけたら幸いです。

関連記事:

フリーランスにとってのアピールの場、ポートフォリオとは?

フリーランス必見!ポートフォリオサイトの作り方

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です