フリーランス必見!ポートフォリオサイトの作り方

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、フリーランスの方が持っておくべきポートフォリオサイトの作り方についてご紹介します。

自分の「作品集」であるポートフォリオ 。職務経歴書のような役割を果たすものだと考えていいでしょう。

ポートフォリオ制作にあたっては、紙とwebでの作り方がありますが、どちらがいいのか、迷った経験はありませんか?

これから就職活動をする方や、ステップアップしたい方は一度作ることを考えてみてはいかがでしょうか?

みなさんの活動の助けになれば幸いです。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

フリーランスにとってのアピールの場、ポートフォリオとは?

スポンサーリンク

ポートフォリオの中身とは?

ポートフォリオ制作に適しているのは紙?web?

ポートフォリオを制作するにあたって、紙とwebのどちらの方法で作るのが適しているのか、考えてみましょう。

  • 紙で制作した場合

紙でポートフォリオを制作する場合、A3か、A4の大きさを選ぶのが普通です。A3の場合は横に、A4の場合は縦に使って本のように装丁すれば、見る方がとても見やすいです。

就職活動は、在宅ワーカーのように採用もwebだけで完結するものではありません。デザイナーの採用試験の場合は、紙媒体で制作したものを、面接官の横に立って説明することもあるようですので、伝えたいことを1冊に詰め込んで、見る方が見やすいものを制作することが大切です。

  • webで制作した場合

webでポートフォリオを制作する利点として大きいのは、自分がhtmlやCSSといった、フロントエンドの知識を実務に活かせることをアピールできることです。

webデザイナーとしての就職や、在宅でweb制作を請け負いたいと考えている方はこちらの方法で制作することが一般的かと思われます。

就職活動の面接で、実際にPC上で見せることができない場合には、webで制作したものを紙面でも見られるよう、紙媒体でも制作しておくことをお勧めします。

 

構成は分かりやすく

それでは、ポートフォトリオの構成をご紹介します。参考にしてみてください。

  1. 表紙
  2. 目次
  3. 自己紹介
  4. 自分のスキルを使って制作した作品

自己紹介では、何ができるのかの詳細を分かりやすく記述しましょう。次のページをめくってみたいと思わせられるようなワクワク感が大切です。

そして作品ページでは、webデザインであればサイト画像のスクリーンショットやurlを忘れずに入れ込んでください。

これは、練習で制作したものです。私の作品ではありませんが、イメージとして掲載します。

こういった画像の前には例えば「Webデザイン ポートフォリオサイト」といったタイトルをつけ、画像の後には作品のコンセプトを記述し、クライアントさんにイメージを伝えます。

 

おしゃれなポートフォリオサイト3選!

ここで、私がネットで見つけたおしゃれで尊敬するしかないポートフォリオサイトをご紹介します。

5-style

デザイナー、田渕将吾さんのポートフォリオサイト。トップページにアクセスすると、音楽が流れます。真似できませんね。

kuon yagi/

屋宜久遠さんのポートフォリオサイト。この月にポインタを合わせると、動いたりします。動きのあるアニメーションを採用したサイトは最近、主流になってきています。

伊藤之一

写真家、伊藤之一さんのサイトです。写真集のようなサイトで構成はシンプルです。見てるだけでため息が出ます。

最近では、動きのあるサイトやブレイクグリッドレイアウトを採用したサイトが主流となりつつあるようです。こんなおしゃれなのをいつか作りたいです!!

スポンサーリンク

終わりに

今回は、フリーランスの方が持っておくべきポートフォリオの作り方についてご紹介しました。

作品を制作したら、ポートフォリオも併せて作っておくと、いざというときに役に立ちますし、自分のモチベーションアップにもつながりますよね。

ぜひ、今後の活動の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です