フリーランスwebライター初心者が案件受注できるクラウドソーシングサービス5選!

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、フリーランスのwebライターとは?初心者でも案件受注できるクラウドソーシングサービス5選をご紹介します。

フリーランスとして働こうと思ったとき、比較的初心者でも受注しやすいのがwebライターです。

しっかりした文章を書くことは求められるものの、HPを作るような技術的なスキルは求められないからですね。

しかし、仕事を選ばなければ文字単価が安すぎたり、食べていくには恐ろしいほどの案件を同時進行させなければいけなかったり・・・。

そんな初心者にはキツイ部分もあることは事実でしょう。

そこで今回は、初心者でも案件受注できるクラウドソーシングサービス5選を中心にwebライターについて考えてみます。

それでは、フリーランスのwebライターとは?初心者でも案件受注できるクラウドソーシングサービス5選に最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

webライターって何?

webライターとは、webにまつわるあらゆる文章を書く仕事のことです。コラムやインタビュー記事、コンテンツ記事など様々な種類があります。

1文字0.1円〜と単価の安い仕事が多いイメージのwebライターですが、実績を積めばプロのライターとして認められ、単価は上がってくるでしょう。

未経験のうちは提示された金額での受注となるかと思いますが、プロのライターとして受注するようになれば、一記事あたりの金額設定で交渉することも可能です。

webライターの仕事の種類6つ!

気になる仕事の種類を見ていきましょう。

  • コンテンツ記事

HP上の中身に関する記事の作成です。文章だけではなく、画像、動画や音声なども含まれます。

今や、HPは「動き」を重視している傾向にありますので、画像や動画編集の技術なども求められるようになってきています。

  • ブログ記事

ブログ記事の代行です。

企業のHPに掲載するブログを依頼されることもあります。

クライアントさんの運営するブログの種類によって記事内容も変わります。

  • キャッチフレーズ・コピーライティング

社名や商品を売り出すためのフレーズやコピーの依頼です。

コンセプトに沿ってキャッチーな言葉を考える技術が求められます。

  • メルマガ・DM

LINEやメール媒体などを使ってメルマガやDMを送る仕事です。

セールスライティングが得意な方、経験のある方は気軽に応募できますね。

  • リライト

元々web上にアップされている記事を最新の情報にしたり、電子書籍化にあたって中身を精査して書き直す仕事です。

一度web上で公開されている記事も、中身はどんどん新しい情報に更新し、発信していかなければ誰にも読んでもらえません。

古い情報のものは新しく、正確なものにしていく必要があります。

  • 電子書籍制作

電子書籍を出版するにあたってのリライトが主な仕事です。

書籍のため、期間も作業時間も長くなります。

クライアントさんとの綿密な打ち合わせが必要となるでしょう。

webライターの時給・単価は?

利用するクラウドソーシングサービスにもよりますが、簡単に書ける記事は1記事300〜400円程度のタスク系の仕事も多いようです。

ブログ記事については1文字0.1円〜0.6円など幅がありますので、自分が応募できそうなテーマと単価を精査してくださいね。

キャッチフレーズ・コピーライティングについてはコンペ形式となりますので、必ずしも報酬につながるわけではありません。

腕試しをするにはもってこいの案件といえるでしょう。

webライターとして記事を書くときのポイント!

どんな記事を書くときにもいえることですが、誰に向けて(年齢層や性別など)、どんなことを訴えたいのかを明確にした上で執筆することが大切です。

そうすることで、記事全体が読みやすくなりますし、クライアントさんもそこに注目されると思います。

スポンサーリンク

フリーランスwebライター初心者OKのクラウドソーシングサービス5選!

それでは、フリーランスwebライター初心者さんでも大歓迎なクラウドソーシングサービスをご紹介します!

フリーライターのよりどころ

フリーライターのよりどころは画像をクリック☝︎

ライター専門のプロダクションサービスです。

必ずお仕事がもらえるとは限りませんが、「未経験でも可」ということですので登録しておく価値はありそうですね。

クライアントさんと直接ギャラ交渉やお仕事のやり取りをすることはなく、全てフリーライターのよりどころ経由でのやり取りになるようです。

執筆した記事も、編集者によって校正してもらえますので、そこで書き直すことでライティングスキル向上が望めます。

Kacoo

kacooは画像をクリック☝︎

2010年からライターに特化しているクラウドソーシングサービスです。

ライティングテーマは、Kacooが募集している案件に限られていますが、納期はライター側が決められるということ。

こちらも初心者ライターさんや主婦が多数活躍されているようです。

ライターステーション

ライターステーションは画像をクリック☝︎

スキルに応じて案件を紹介してもらえますが、応募時にはテストライティングが必須です。

プロのライターも多く活躍されていますし、フォロー体制もしっかりしているようです。

書きながらステップアップしていける環境にあるといえるでしょう。

SAGOJO

SAGOJOは画像をクリック☝︎

日本全国のみならず、世界中を旅して取材記事を書く、というコンセプトで運営されているようですね。

動画や写真、そのほか情報提供も募っています。

登録して継続的に案件をもらう、というのではなく自分の興味が強い記事を書いて寄稿するというイメージでしょう。

Crowd Works・Lancers

クラウドソーシングサービスでは知らない人がいないほどの超有名どころ。

あらゆるカテゴリーの仕事の募集が掲載されていますので、初心者の方は経験を積む意味でも登録しておいて損はないと思います。

クラウドソーシングサービスについての関連記事を参考にしてみてくださいね!

在宅ワーカーとはどんな働き方?にお答えします!

在宅ワーカーに必須!コミュニケーションの重要性とは?を考えた

スポンサーリンク

終わりに

今回は、フリーランスのwebライターとは?初心者でも案件受注できるクラウドソーシングサービス5選をご紹介しました。

初心者webライターさんでも、まずは登録して小さな案件から徐々にステップアップすることが大切ですよね。

継続した方は大きな力になると思いますよ!

みなさんの今後の活動の参考にしてみてください!!

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です