在宅ワーカーに必須!コミュニケーションの重要性とは?を考えた

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、在宅ワーカーにとってコミュニケーションはどれだけ必要なのか、について考えてみたいと思います。

在宅ワーカーは家で作業しているため、一日中、家族以外の人と会うことがないもの。そのために孤独を感じやすいという在宅ワーカーさんも少なくないでしょう。

では、どのようにしたら孤独を感じずにクライアントの意向に沿った仕事ができるのか?

みなさんが、今後お仕事するときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

在宅ワーカーにとっての「コミュニケーション」とは?

問題点が小さいうちにコミュニケーション!

在宅ワークというのは、クライアントさんが自分たちでしにくい仕事や、外注したほうが効率的になる、といった仕事をワーカーさんに依頼するもの。作業自体は家でできるものですが、当然ながら、自分一人だけの仕事ではありません。

在宅ワークしながら不具合が生じたり、疑問点が生じたような場合には、クライアントさんとコミュニケーションをとり、問題点を解消する必要があります。

普段から、定期的にskypeなどでミーティングを行なっているような場合には、生じる問題点も小さいかもしれません。

しかし、コミュニケーション不足で生じた問題点は、修正するのに多大な労力を必要とする場合が多いのではないでしょうか?

人間関係にもヒビが入ってからでは軌道修正には時間がかかりますよね^^なので、クライアントさんとのコミュニケーションは、定期的に行ったほうが仕事を進める上で安心なのです。

 

コミュニケーションを円滑にするおすすめツール7選!

在宅ワーカーとクライアントさんとのコミュニケーションの取り方は、クライアントさんの指定によります。

ツールとしては、以下のものが上げられるでしょう。

ビデオ会議ができるツール

Microsoft社のコミュニケーションツール。ビデオ会議が流行りだした頃からある、王道のツールではないでしょうか。画面共有や、リアルタイムの字幕など進化した点も数多くあります。

おなじみLINEのビジネス版。今や使っていない人がいないのではないかというほど普及しているツールですので、新しく教育する必要もありません。すぐに導入できて使いやすいです。少人数で使うならフリープランで十分。

チャット形式でのやり取りや、タスク管理もできます。無料プランはありません。

googleが提供するコミュニケーションツール。HangoutschatやHangoutsMeet、その他、使い慣れたGoogleのアプリが全て使えますので、気楽に導入できそうですね。

これらは全て、PCの画面を通じて顔を見ながら会議ができるコミュニケーションツールです。在宅ワーカー側は指定されたツールを自分で導入し、参加させてもらう感じになりますね。対面のメーティングが難しい場合は、こういったツールで代用されるクライアントさんは多いです。

 

チームごとに管理できるツール

chatwork社が提供するツール。グループごとにタスクを管理できます。私もこちらをよく使っていますが、自分のメモとしても利用できて便利です。

こちらはchatworkと機能は似ています。使い勝手や好みで選んでいいのではないかと思います。どちらもファイル共有ができ、slackはビデオ会議もできます。

タスクをカードで管理できます。カードを状況に合わせて移動させるので、直感的に進捗状況を把握できます。

これらは、普段のやり取りに導入されているところが多いです。ちょっとした不安はこちらで即解決できます。

スポンサーリンク

終わりに

今回は、在宅ワーカーにとってコミュニケーションはどれだけ必要なのか、について考えてみました。

在宅ワーカーにとってコミュニケーションは、もしかしたら外で働くときよりも必要なものかもしれませんね。クライアントさんとワーカー側の認識を合わせるためにとても大切だと感じます。

みなさんも、コミュニケーションをこまめに取って、お仕事に不安を感じないように楽しんでくださいね。

関連記事:

在宅ワーカーとはどんな働き方?にお答えします!

 

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です