在宅ワークに必要なパソコンスキルはこれだ!お仕事の目的別4選!

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、在宅ワークに必要なパソコンスキルとは?目的別の4選はこちら!ということで考えてみたいと思います。

在宅ワークをするなら、パソコンやパソコンが使える環境は必須です。

お仕事だけでなく、クライアントさんとのやり取りも全てオンラインで完結することが多いため、それなりのスキルが求められます。

しかし、具体的にはどんなスキルが必要なのか知っていますか?

今回は、在宅ワークに必要なパソコンスキルとは?目的別に4つのスキルをまとめてみましたので、最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

在宅ワークにパソコンスキルは必要?

もちろん、どのようなお仕事をしたいかにもよりますが、基本的には以下のスキルは必須となります。

今の自分をチェックしてみましょう^^

基礎的なPCスキル

在宅で仕事をするにはPCが必須となります。

簡単な操作ができることは必須条件です。

コミュニケーション能力

クライアントさんの中には、不明点が出てきたらすぐに連絡が欲しいという方も多くいらっしゃいます。

基本的にチャットツールで連絡を取り合うことになるかと思いますが、不明点を明確に質問できることやレスポンスが早いことは、仕事をしていく上で重要なポイントとなります。

自己管理ができること

納期はきちんと守らなければいけませんし、クライアントさんが連絡を取ってきたら早めのレスポンスは欠かせません。

しかし、在宅ワークのいいところは、作業時間を自分で調整できることです。

子どもを持つ主婦なら、日中に学校に行く用事も度々ありますよね。

そんなときは、日中できなかった作業を夜に回したり、自分の都合のいいスケジュールを立てることができるんです。

自分なりのスケジュールできちんと納品できる、自己管理は必須のスキルです。

スポンサーリンク

在宅ワークに必要なパソコンスキル4選!

それでは、在宅ワークに必要なパソコンスキルをお仕事の目的別に4つ見ていきましょう。

今後のお仕事を探す際の参考にしてみてくださいね。

データ入力ならExcelは必須!

在宅ワーク初心者でも受注しやすいデータ入力。

データ入力にはExcelが使えることは必須条件ですね。

では、どんな機能が使えればいいのでしょうか?

企業研修でチェックするのは大抵、「VLOOKUPが使えるかどうか」です。

この機能が使えるということは基本的なことは理解できており、関数の知識も持っている、ということ。

膨大なデータの中から特定の値を取り出す機能を知っていると、作業効率はグッと上がりますよね。

クライアントさんが求めているのは入力だけではなく、まとめる能力も込みの能力です。

ということで、データ入力の仕事を受注するにはExcelのVLOOKUPが理解できるまでの知識は身につけておく必要がある、ということになります。

webライターならwebライター検定!

こちらも在宅ワーク初心者におすすめのお仕事です。

webライターに求められるのは、

  • 読者に伝わりやすい記事を書くこと
  • 知らない情報は本やインターネット等で調べて情報収集すること
  • 時間がかかりすぎない程度のタイピング能力

webが書籍と違うところは、「読む」というよりは「見る」方が優先されるということです。

難しい表現で文章を書くことは、サイト離脱を誘発しますね。

webライターには「伝わりやすい文章」を書くことが求められています。

そして、自分が知らないことについて書く場合、十分なリサーチが必要になります。

自分で調べた情報を整理して分かりやすく書くことが求められるんですね。

最後に、タイピングが遅くて時間ばかりかかっているようでは、報酬を時間計算したときに愕然とする結果になりかねません。

1時間で1000文字くらい書くことを目安にすると、報酬が割りに合わない、と感じることも少なくなるのではないでしょうか。

CrowdWorksでは、webライター検定を実施しています。

1、2級は有料ですが3級なら無料で受験できます。

合格すると、プロフィール欄に合格証が表示されるということですので、興味がある方は受けてみてもいいですね。

CrowdWorksスキル検定一覧はこちら

他にも日本webライティング協会が実施しているwebライティング能力検定もあります。

こちらは企業の研修でも使われているようですのでチェックしてみてください。

1〜3級まであり、2級を取っておくと仕事が十分にできるくらいのスキルになる、ということです。

日本webライティング協会HPはこちら

ロゴやバナー制作にはPhotoshop/Illustlator

PhotoshopやIllustlatorが使える方であれば、ロゴ制作やバナー制作も受注できますね。

指定された大きさでイケてるバナーをサクサク作ることができればお仕事の依頼も増えることと思います。

これからデザイン関係のスキルを勉強したい方には必須のソフトです。

マスターしてしまえばお仕事の幅が広がりますよ。

webデザインにはHTML/CSS

PhotoshopやIllustlatorに加えてマスターしておきたいのがHTML/CSSです。

HPを作るスキルは、今や大学生でもマスターしている方がいるほどポピュラーなものになりつつあります。

そのうち、企業に就職する際の必須スキルになるかもしれませんね。

まだ触れたこともないし、どうしたらいいのか分からない・・・という方には、無料で受けられる講座もありますのでチェックしてみてください。

Progateなら、基礎的な知識は無料で受けることができ、中級レベルからは月額980円(税別)で受講することができます。

さまざまなプログラミング言語を受講することができますので、本当におすすめのサイトです。

Progateはこちらから

スポンサーリンク

終わりに

今回は、在宅ワークに必要なパソコンスキルと、目的別に4つのスキルをまとめてみました。

結論としては、

  • 納期に間に合うスケジュール調整と適切なコミュニケーションが必要
  • データ入力はVLOOKUPレベルまで
  • webライターは検定を受けることを検討
  • PhotoshopやIllustlatorはデザイン系にはマスター必須
  • webデザインはオンライン講座でマスターする
  • 身に付けたスキルはcoconalaで販売する

という感じでした!

みなさんも参考にしてみてくださいね!

関連記事:

在宅ワーカーとはどんな働き方?にお答えします!

在宅ワーカーに必須!コミュニケーションの重要性とは?を考えた

フリーランスwebライター初心者が案件受注できるクラウドソーシングサービス5選!

在宅ワークはデータ入力が未経験の登竜門!まずは経験してみよう

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です