フリーランスが英語を仕事で必要とする理由は?講師・通訳・文書作成などもできる!

yukiko

こんにちは。yukikoです。

今回は、フリーランスで働くのに英語は必要?どんな種類の仕事があるのか考えてみたいと思います。

英語は現代社会において必須言語ですよね。

私は英語の必要性は感じているものの、日常的に使う場面もなく・・・最近また挑戦しようと思っているところです。

英語が使えれば、お仕事の幅もグンと広がります。

そこで今回は、フリーランスで働くのに英語は必要?どんな種類の仕事があるのか考えていきますので、最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

フリーランスに英語は必要か?

今や小学生の授業でも必須化されてきている英語。

日本で働く海外の方も増えてきましたね。

国際化社会が進む日本において、英語はもはや使えなくてはいけない言語になってきました。

フリーランスで働いていてもいなくても、英語はマストだといえるでしょう。

では、どれくらいの英語力が求められるのか、見ていきましょう1

TOEICでは820~870点

日本で一般的に英語力を測るために利用されているのがTOEICです。

990点が満点ですが、820~870点くらいのスコアが企業において国際部門に所属するくらいのレベルだということです。

英検でいうと、準1級が楽々クリアできるくらい、と考えていいと思います。

企業が中途採用で求めるのは600~740点くらいのスコアだと言うことですので、最低600点取っておけば問題ないと思いますが、仕事で使うのであれば、800点は取っておきたいものですね。

ビジネス英語も必要になる

日常会話ができる方でも、仕事で英語を使うのであればビジネス英語も知っておかなければいけないでしょう。

「考える」という単語一つとっても、「think」はビジネス英語では「consider」、というように明らかな違いがあります。

ビジネスシーンに合った英語を習得しておく必要があるんですね。

TPOに合わせて使えるようにしておきましょう。

英語力をつけるためにアプリも活用!

今や、言語習得にも使えるアプリが多数存在します。

スマホに入れておけば隙間時間でもサクッと英語を学習することができますね。

他にもオンラインスクールは多数存在しますので、この機会にビジネス英語に触れておく機会を持つのもいいでしょう。

参考になる記事を見つけましたので、紹介させていただきますね!

ビジネス英語アプリ紹介記事はこちら

スポンサーリンク

フリーランスで英語を活かした仕事3選!

クラウドソーシングサービスでも、英語を活かせるお仕事は多数存在しています。

ではどんな種類があるのか、見ていきましょう!

英語の翻訳・通訳

海外旅行者に対する翻訳業務です。

メールやLINEで周辺の観光スポットを案内したり、問い合わせにオンタイムで返答したりするカスタマーサポートで、稼働時間は1日4時間程度が多いようです。

2020年の東京オリンピックでもたくさんの外国人が来日します。

今後ますます需要が出てくるでしょう。

文書の作成・交渉役などアシスタント業務

ビジネスシーンにおける文書の作成アシスタントや、輸出入の際の交渉をメールや電話で行う業務です。

企業の方でも、英語を使える人材を育てるよりも元々使い慣れている方にアウトソーシングした方が都合がいい場合もあります。

海外相手の交渉役、とあれば相手を納得させる能力も必要になります。

ネットビジネスが広がりを見せている今、需要は大きいのではないでしょうか。

英語のライティング

今や日本は、外国人旅行者でとても賑わっていますね。

そのためインターネットでも、外国人旅行者向けのメディアは多数存在しています。

すでに出来上がった原稿に英語の間違った表現がないかチェックしたり、英語の例文を原稿に入れ込んだりするお仕事が多いようですね。

英語を使い慣れている方には少し物足りないかもしれませんが、隙間時間を利用して作業したい方にはおすすめです。

フリーランスの英語の仕事はどれくらいの報酬になる?

もちろん仕事内容によりますが、外国人旅行者への案内業務なら当月売上の何%、ライティング業務は特に日本語のものと変わりがなく、一文字1円〜などが相場のようです。

英語講師なら、時給1,400円〜2,000円くらいまでありそうです。

英語をしっかり使える方なら、仕事内容を精査してからなるべく報酬のいい案件に応募した方が、やりがいにつながるでしょう。

自分がどういった働き方を求めているのかでも仕事内容は変わってくると思いますので、よく考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

終わりに

今回は、フリーランスで働くのに英語は必要?どんな種類の仕事があるのかを考えてみました。

まとめると、

  • ビジネスシーンで求められる英語力はTOEICで800点以上
  • 手軽に学べるアプリは必携
  • 翻訳・通訳・講師
  • 文書作成などアシスタント
  • ライティング
  • coconalaで英語スキルを売り買いできる

こんな感じでした!

みなさんも、英語のブラッシュアップをしてお仕事に活かしてみてくださいね!

関連記事:

フリーランス戦闘力診断で食べていけるか分かる?で診断してみた

フリーランスにとってのアピールの場、ポートフォリオとは?

スポンサーリンク


WORKSTYLE "働く"を考える。

多様な働き方を応援するBlog

この記事が気に入ったらいいねしよう!最新記事をお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です