【2021最新】ロリポップサーバーへの移転方法まとめ!注意点も詳しく解説

「レンタルサーバーを移転したいけど、難しそう!」

誰でも経験のないことは難しそうに感んじるものですが、やってみるとそうでもなかった、ということはあるあるですよね!

今回は、2021年現在の他社サーバーからロリポップレンタルサーバーへの移転方法を注意点も含めて詳しく解説していきます!

 

【2021最新】ロリポップサーバーへの移転方法まとめ!

2021年の最新のロリポップサーバーへの移転方法を2つ、まとめてみました。

 

移転方法① WordPress簡単引っ越し

移転方法の1つ目は、「 WordPress簡単引っ越し」を使った方法です。

他社サーバーからのデータをそのまま簡単に移転することができます。

引っ越し対象となるデータは以下の通りです。

 

  • WordPressのデータベース内のデータ
  • バックアップ系プラグインのデータ以外のwp-content ディレクトリ以下のデータ

 

これ以外のデータは引っ越し対象となりませんので注意が必要ですね!

簡単引っ越しを利用する前にデータのバックアップを忘れないようにしましょう。

 

①まずはロリポップに申し込みを済ませ、ユーザー専用ページへログインして引っ越し元とロリポップ側の情報の設定をしていきます。

申し込み方法は手動での移転方法に記載してあります。

 

 

  • 引っ越し元のURL
  • WordPressのユーザー名
  • WordPressのパスワード
  • 引っ越し先(ロリポップ)のURL(プルダウンで表示されるので選択するだけ)

 

②上記の項目を設定したら、「同意する」にチェックを入れて「引っ越しを開始する」ボタンを押すだけ!

ロリポップで独自ドメインを使用する場合には、あらかじめ設定する必要がありますので事前準備は忘れないようにしましょう。

 

 

引越しが完了した後は、ドメインの移行と独自SSL証明書の導入手続きが必要になります。

移転手続きはこちらのテキストをクリックしてお進みください。ロリポップ!

移転方法② 手動

「 WordPress簡単引っ越し」使わずに、手動で移転する方法もあります。

こちらもそれほど難しくはありませんので安心ですよ!

 

ロリポップへ申し込む

まずは、移転するサーバーとなるロリポップへの申し込みを済ませましょう。

月額料金¥100のエコノミープランから¥2,000のエンタープライズまでプランがありますが、アクセスが増えてきたときにも表示が早く安定している月額料金¥500のハイスピードプランがおすすめです。

10日間のお試し期間がついていますので、お試しボタンから進みましょう。

 

 

独自ドメインは後で設定できますので、初期ドメインについては特に何を使用しても構いません。

 

 

次はSMS認証画面に移りますので、電話番号を入力して「認証コードを送信する」ボタンをクリックします。

 

 

認証コードが確認できたら、申し込み内容の入力画面です。

 

  • 名前
  • フリガナ
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号

 

これらの入力が済んだら、内容確認をして申し込みは完了となります。

 

独自ドメインの設定

ロリポップへの申し込みが済んだら、ユーザー画面にログインして独自ドメインを設定します。

 

 

独自ドメインには移行するWordPressのドメインを入力、公開フォルダはサーバー上に自動的に作成されますので、任意のフォルダ名を設定します。

最後に「独自ドメインをチェックする」ボタンをクリックします。

 

 

後はボタンをクリックしていくだけですね。

「後でネームサーバーを設定する」をクリックします。

 

 

「設定」をクリックして、独自ドメインの設定は完了です。

 

データベースの作成

ユーザー専用ページから「データベース」を開いて作成します。

「データベース作成」をクリックし、必要事項を入力していきましょう。

 

 

  • 作成するサーバー(任意のサーバーを選択)
  • データベース名(好きな名前でOK)
  • 接続パスワード(任意のパスワード)

 

以上を入力後、「作成」をクリックします。

 

 

データベースの情報は、次のステップの「設定ファイル編集」に必要ですのでメモっておきましょう。

スタンダードプランとエンンタープライズプランについては、データベース一覧の「操作する」ボタンをクリックしてデータベースの情報を確認してください。

 

設定ファイル編集

設定ファイルの編集は、自分のPCのメモ帳などからファイルを開いて行いましょう。

編集するデータは「wp-config.php」ですよ!

 

 

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • サーバー

 

以上の情報を編集して保存したら、後はサーバーに移行していくだけです!

 

データベース移行

ユーザー専用ページの「データベース」画面から「phpMyAdminを開く」をクリックし、ログインしていきましょう。

 

  • ユーザー名
  • パスワード
  • サーバーの選択

 

全てデータベースページの情報を入力していきます。

ログインしたら、左のメニューからデータベース名を選択し、上の「インポート」をクリックします。

同じ接頭辞のテーブルがないことを必ず確認の上、行ってくださいね!

 

 

次にアップロードするファイルを「参照」から選択すると、画面下に「実行する」ボタンがありますのでクリックします。

 

 

インポートが完了すると、「インポートは正常終了しました」と表示されます。

 

WordPressデータ移行とネームサーバー設定変更

ユーザー専用画面から「アカウント情報」を開き、「サーバー情報」の内容を確認してメモっておきましょう。

後は使っているFTPソフトにロリポップのサーバー情報を入力し、公開フォルダにアップロードします。

最後に、ネームサーバーの変更を下記のようにドメインを取得したサービスで行います。

 

 

以上でロリポップサーバーへの移転作業は終了です。

お疲れ様でした!

移転手続きはこちらのテキストをクリックしてお進みください。ロリポップ!

ロリポップサーバーへの移転の注意点も詳しく解説

ロリポップサーバーへ移転するときの注意点としては、サイトが表示されなくなる期間をなくすためにしばらくの間は重複してサーバーを契約しておくことです。

移転処理には最大で72時間かかると言われていますので、4日間くらいは様子を見てください。

後は何かあったときのために、あらかじめデータはバックアップを取っておくようにしましょう。

もし致命的なエラーが起きたとしても、バックアップがあれば復旧できます。

 

ロリポップサーバーへ移転した理由と感想

他社サーバーからロリポップサーバーへ移転した理由としては、やはり他社より安い料金設定ですね!

データ容量も月額¥500の「ハイスピードプラン」で250GBと、かなり充実しています。

とにかくサイトの管理費を安く抑えたい、でも容量は欲しい、という方にはピッタリだと思います。

通信速度にも問題ないので、アクセスが集まってきたサイトでも安心して使える印象ですね。

マニュアルも初心者にわかりやすく作られているので、PCの知識がそこまで深くなくても大丈夫です。

スポンサードリンク